大阪弁護士会所属 三木秀夫法律事務所

お問合せはお気軽に 電話番号06-6361-7557 大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビル601号室

大阪弁護士会所属 三木秀夫法律事務所

電話番号 06-6361-7557

〒530-0047大阪市北区西天満4-9-12リーガル西天満ビル601号室

個人のお客様はこちら

賃貸借

賃貸借を巡る問題にお悩みの場合は、早期にご相談頂くことをお勧めします。大家さんからの相談も、借りている方からの相談もお受けしています。
家賃滞納問題、立退問題、賃借人の問題行動、賃料の減額、増額、管理会社とのトラブル、敷金・保証金を巡るトラブル、借地・借家権の譲渡承諾など、気軽にご相談ください。

貸主の方へ

不動産賃貸をされている方は、多くの問題を抱えることになります。例えば、賃貸借契約の結び方もそうです。将来の紛争を避けるために法的なチェックは重要です。賃貸後も、多くのもめ事も生じます。ご相談に乗れることは多々あると思います。ぜひ、お気軽にご相談ください。
特に、賃料の滞納者の問題は、どの貸主も苦慮されています。滞納が多額になったからといっても、自主的に退去請求が実現するわけではありません。不動産の有効活用の面からしても、早期の対応が必要な場合が多いと思います。また、滞納家賃が多額になると、さらに回収が困難になり、場合によってはそのまま行方不明になる賃借人もいます。
賃料滞納者に対して、鍵を勝手に変えるとか、電気水道ガスの供給を停止するとか、行方不明の賃借人の残した動産などを勝手に廃棄処分するといった対処は、いずれも違法で、逆に賃借人から損害賠償を請求される可能性があるだけでなく、場合によっては刑事責任を追求される危険もあります。合法的に処理をするためには、以下のような一般的手順を踏むことになります。
1 内容証明郵便による催告
2 契約解除・退去勧告
3 建物明渡訴訟の提起
4 建物明渡判決後の任意退去催告
5 建物明渡の強制執行
(※状況によっては、占有移転禁止の仮処分を並行して行うこともあります。)

借家の方へ

不利な条件での賃貸借契約への対処や、貸主からの違法不当な要求に対しては、法的に適正な対応が必要です。不当な賃料増額請求、不当な明け渡し請求、賃貸借契約に反する行為、不当に高額な敷引き行為など、ご相談に乗れることは多々あると思います。ぜひ、お気軽にご相談ください。

Page Top